1988年式シトロエン2CVチャールストンのレストアが完了しました

1年近くの時間と手間をかけた2CVチャールストンのレストレーションが完了しました!

この個体はもともとは当社の管理ユーザー車両で多少塗装のヤレは有ったものの錆は殆どなくコンディションは市場に存在する2CVの中でも決して悪い車では有りませんでした

ただ、今年はシトロン100周年イヤーと言う事もあり、当社も長年お世話になって来た2CVに感謝の意味を込めて、しっかり後世に残せる2CVを作りたいとの想いからこの個体を最高のレベルで仕上げようという事になりました

まずエンジンですが前オーナー時に当社にてフルオーバーホールを行っており、ピストン、クランクシャフト、コンロッドアセンブリー、ピストンスリーブ、バルブ等交換バルブガイド打ち替えシートカット、シールガスケット類交換などを行っています、同時にクラッチのオーバーホール、ミッション分解シールやり直しなどをしてから現在まで9000キロしか走行していません

ブレーキ系は当社入庫時にブレーキマスター交換、フロントブレーキキャリパー分解シール交換パッド交換、リアドラム分解ピストンシリンダー交換シュー交換を行いました

キャブレターは分解オーバーホール

燃料タンクホース交換、フューエルポンプ交換、フューエルホース交換

ダイナモもオーバーホール

ボディーは外装パーツを全て外してオールペイント

フロアパネルは内外共に防錆ペイントを施しました

ダッシュパネルやドア内張など全て外してリペア、ネジやステー類はすべて再メッキをかけました

ライトスイッチ、シフトコントロールアームは新品交換

ワイパーユニットは分解OH

室内配線はいらない物は外して整理しました

マフラーはフルラインで新品に交換

ショックアブソーバーも新品交換

サスペンションアームベアリングも外して再グリスアップ

ドライブシャフトブーツ交換

ポイント、ポイントコンデンサー、イグナイターコイル、プラグ、プラグコード交換

空調ダクト交換

接触不良トラブル防止の為オリジナルの配線コネクティングを全廃して防水コネクタに交換、ガラス管フューズボックスをやめて手に入れやす平型フューズボックスに交換

アース配線、プラス配線の引き直し アースポイントの見直し

ヘッドライトユニットASSY交換、テールランプユニット交換

マッドフラップ作成

幌ASSY交換

各ステー、小部品すべて再メッキかウレタン塗装を施しました

前後シートは生地の張替え及びテンションゴムリング全て交換

などなど本当に細部まで拘り抜いて仕上げました

内外装の見掛けの綺麗さだけではなく見えない部分にも手を入れて出来るだけオリジナルである事を重視しつつ、日常でガンガン使える事を考慮して電装系などオリジナルのままでは弱い部分はオリジナルに拘らずしっかり対策を行って仕上げて行きました

正直ここまで手を入れているので、車両本体価格250万円でも利益は僅かです本当に2CVを愛して頂ける方であればこの車の価値を解っていただけると信じております(笑)

ミュージアムレベルで仕上げられた2CVチャールストンを是非一度ご覧になりにいらして下さい!

1988年式シトロエン2CVチャールストン

走行50000Km

車検2年付き

車両本体価格(税込)¥2.500.000

https://www.goo-net.com/usedcar/spread/goo/13/700957060030191024001.html

1988年式シトロエン2CVチャールストンのレストアが完了しました” への2件のフィードバック

    1. お問い合わせ有難うございます!
      はい、有ります!
      只、今月27日に雑誌「カーマガジン」の取材が決まっていますので
      ご了承いただいた上での販売が条件となります
      宜しくお願い致します。

コメントを残す

CAPTCHA